小児矯正歯科

Orthodontics for Child

児矯正歯科とは

小児矯正歯科(治療)とは、あごの骨の成長をコントロールすることで歯並びを整える治療です。

矯正治療というと、写真の様なブラケットという装置をつけて、歯並びを治すイメージをお持ちの方が多いようです。

ブラケット

しかし、小児矯正歯科では、このような装置は使用しません。では、どのような装置を使うのでしょうか?例えば、写真の様な拡大床という装置を使用します。

拡大床(画像提供:ASO International)

拡大床は、1つ1つの歯には力を加えません。この装置は、歯列全体を横に広げる機能を持った装置です。

近年、顎(あご)の小さいお子さまが増えていると言われています。顎(あご)が小さいと、歯が生えるスペースが不足するため、綺麗に歯が並ぶことが出来ません。そのため、デコボコの歯並びになってしまいます。そこで、写真の装置で、顎(あご)を広げて、スペースを作ります。

このように小児矯正歯科では、1本1本の歯を動かすのではなく、あごの骨の成長をコントロールすることで歯並びを整えていきます。

児矯正歯科の対象年齢

小児矯正歯科の対象年齢は4歳~10 歳頃になります。

歯並びの状態や不正咬合の種類によって、適切な装置、適切な時期があります。何でも早く始めれば良いということではありません。1人1人最適な治療開始時期は異なりますので、まずは、矯正医への相談をお勧めします。

期の矯正治療が必要な歯並びとは?

特に以下のような歯並びの場合には、早い時期から治療をスタートする方が良いです。早めの受診をお勧めします。

   反対咬合(受け口)

   上顎前突(でっぱ)

   叢生(でこぼこ)

児矯正歯科の必要性

保護者さまより「大人になってから矯正治療をしても大丈夫ですよね?」という質問を受けることがあります。おっしゃる通り、必ずしも子供のうちに矯正治療行う必要はありません。しかし、

1

みがほとんどない

成人矯正治療は痛みを伴うことがありますので、子供の頃に矯正治療をすることで「治療中の痛み」というストレスを軽減することができます。小児矯正歯科は、痛みがほとんどありません。

2

療をしていることが周りの人に気付かれにくい

一部の装置は取り外せない固定式のものになりますが、小児矯正で使用する装置は基本的に取り外せる装置になります。周りの人に気付かれにくいのは、小児矯正歯科の特徴の1つです。

3

を抜くことなく、歯並びが治る可能性が高い

成人になってから矯正治療を始めると、歯を抜かなければ歯並びを整えることができない方がいます。子どもの頃より、骨の成長をコントロールし、骨格の改善を行うことで歯を抜かずに歯並びを整える可能性が高くなります。

4

療費が安い

小児矯正歯科は、成人矯正歯科の半分の費用です(*当院の場合)

などのメリットがあります。
お子様への負担を考えると、小児矯正を行う方が負担はかなり軽減されます。

〒370-0831群馬県高崎市あら町211

診療時間 11:00~13:30/15:00~20:00
休診日 木曜・日曜・祝祭日
TEL:027-330-5101

スマートフォンをお持ちの方:Google Mapはこちらから