• 027-330-5101
  • 無料カウンセリング予約

受付時間〉11:00‐13:30/15:00‐19:00 〈休診日〉木曜・日曜・祝祭日

舌癖が歯並びに影響を及ぼすのをご存知ですか?

2017年7月4日
矯正治療で嚙み合わせや歯並びを治しますが、舌が正しく使われないと歯並びに影響を及ぼします。 主な症状としては、開咬、反対咬合、上顎前突、歯と歯の間に隙間ができたりしてしまいます。 なるべく歯並びに影響を及ぼさない為に、今回は正しい舌の位置をお話させて頂きます。 まず、ご自身の口を閉じてみて下さい。舌が上顎にありますか?舌が真ん中で前歯に触れていますか? それとも、舌が下にあるでしょうか? 正しい位置は、上顎にあるのが正解です。軽く口を閉じ、舌を上顎に吸い上げて奥歯は噛みしめず、 リラックスした状態です。 いつも舌が前歯に触れている方や、舌が下に落ちている方は、唾液や飲食物を飲み込む際に、 舌で歯を押して飲み込んでいると思います。毎日このような飲み込み方をする事で、 歯を動かしてしまいます。折角綺麗になった歯並びの後戻りの原因にもなります。 まずは、ご自身の舌が何処にあるのかを確認して頂き、正しい位置に舌を維持出来るように 意識をしてみて下さい。最初は慣れずに大変ですが、徐々に出来るようになると思います。 是非、チャレンジしてみて下さい。    
アクア矯正歯科クリニック
院長 田村 剛
高崎市あら町211クオリティマンション新町101
TEL:0120-182537/027-330-5101
B

MEDICAL INFORMATION

  • 小児矯正
  • 成人矯正
  • 透明マウスピース矯正
  • 裏側矯正
  • 短期間矯正
  • 矯正治療の流れ
  • 治療症例
  • 治療費について
  • 採用情報
  • 病院BLOG
アメーバブログに参加しています
  • 診療日カレンダー